リウマチの基礎知識

リウマチって何?

関節リウマチ等様々なリウマチ

リウマチというものはなにかというと、骨であったり、筋肉、そして関節といったような、体のさまざまな部位がこわばってしまう病気の総称です。

しかし、一般的にいうと関節部がこわばっていることを訴えるような患者が特に多く、世間一般ではリウマチと言えば、関節リウマチの症状をすぐに思い浮かべるというような人が多いのではないでしょうか。

まず、リウマチというものは初期症状においては、さまざまな関節のこわばりが始まりっていくことが多く、それがだんだんと慢性化していくのに伴い、全身の部位に広がっていくという進行型の疾病であり、非常に多くの症例が昔から見られます。ですので、ある意味でえば、われわれ庶民にとっても非常に馴染みのあるような病気なのです。

関節リウマチというものは、実は病気を完全に治してしまうというような方法は、いまだに、見つかってはいません。ですが、進行するのを遅らせていくような治療法というのが、近年徐々に取り入れられていますから、徐々に患者の期待感というものも大きくなっています。以前であればリウマチの関節が、破壊されてしまうということもありましたが、今では関節が完全に破壊に至らないようにしていく治療法が、ありますのですこしずつ効果を挙げているといっていいでしょう。

また、現代医学においての遺伝子工学という分野の発展も素晴らしく、今後のこのままの医学の進歩があれば、いつかは完全にリウマチという症状そのものを治癒していくことも、もしかしたら夢ではなくなってくるかもしれません。

しかし、医学関係のようなサイトというのは、専門的な領域に入っていけば入っていくほど、そこには一般人にとっては馴染みがないような事柄が多く、しかもまったく理解できないような専門用語が多くなっています。ですので、ここでは出来る限りの範囲で簡単に読めるような用語であったり、文章を用いていきたいと思います。また、その他にも一社会人としてしっかりと持っておきたいというような事までを、できる限り説明していきたいと思います。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved