リウマチ

リウマチの治療方法

リハビリ

関節リウマチを治していくための治療法としては、薬物療法であったり、もしくはリハビリ、そして手術療法などというものが挙げられます。その中でも、治療の中心になってくるものには薬物療法というものが多く、また同時にリハビリということも行われます。

リハビリをしていくことの目的はその症状を改善していくことはもちろんですが、不自由な生活をしっかりと改善していくこと、すなわち、生活の質を向上していくということです。

リハビリというものは、理学療法と、運動療法や、もしくは作業療法、そして装具療法という四つになります。関節リウマチによって起こる痛みであったり、腫れ、もしくはこわばりというものを和らげていくためには、理学療法というものが多く用いられます。理学療法とは、温熱であったり、赤外線や超音波、もしくは水や氷などといったものの刺激になってくる物を使用していくことで炎症をしっかりと抑え、それによって痛みを和らげていくという方法です。

炎症が起こっていることによっていろいろな関節が腫れてしまい、痛みがとても激しいという急性期というのは、その症状が出ているような関節部分に対して、サポーターであったり、装具をしっかりと固定し、それで安静にしていきます。それによって、腫れであったり、痛みもだんだんと和らいでいくのです。

そして、もし関節が腫れてしまって、そこが熱を持っているというような時は、しっかりと冷やしてあげた方がいいということもあります。その場合は、できるだけ痛みが激しい部分だけを、氷であったり、冷湿布などとうものを使っていき、冷やしていくようにしましょう。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved