リウマチ

リウマチの治療方法

レーザー治療

関節リウマチになった患者がまず求めるものというと、やはり、まずは痛みを取り除いていくこと、そして関節組織を破壊していくことを阻止することであるといえます。

そして、このようなものを目的としている治療の方法の中には、非ステロイド性抗炎症薬であったり、抗リウマチ薬というものが中心ですが、これら薬によっての改善というのは、長期間ずっと投与していった場合による副作用が、その後生じてしまうこともあります。

そのような時に注目していきたいのはレーザー治療です。これによって少しだるさなどといったものを覚えるということもありますが、ほとんど全身に対しての副作用は出ませんし、リウマチが進行していくのを抑制してくれますし、そして腫れであったり、こわばり、そして痛みなどといったものまで緩和させてくれます。

そして、この関節リウマチ治療に使うレーザーというのは、低出力レーザーになっており、皮膚に対しての障害をほとんど与えない程度の、エネルギー出力量なのです。ですが、レーザーですので直接眼に対して照射していった場合には、網膜を損傷させてしまうような危険性もあるものです。

このレーザー治療によっての鎮痛作用というものは、多くの人に最近ではよく知られています。また、このようなレーザー治療によって関節痛がとても和らいだというような報告も、非常に多くあります。そして今、さらに期待されるものとしては、もう既に破壊されてしまっているような関節に対しての機能を改善していくようなものです。これというのは、なかなか薬物療法では難しいものです。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved