リウマチ

リウマチの治療方法

関節リウマチへの鍼灸治療

どうしても鍼灸治療と聞くと、まず最初に肩こりであったり、腰痛などをイメージしてしまう人も多いのではないかと思います。いまでは、肩こりであったり、腰痛だけではなく、ほかには膝や股関節の痛み、そして寝違いであったり、ぎっくり腰、または全身疲労などといったものを対象にして治療をしているという人も多いそうです。

また、しつこい頭痛であったり、胃の不調やまたは眼の疲れ、そして生活の質を向上させていくために通っているようなリウマチ患者もます。また、面白いものでは、逆子治療に対しても鍼灸治療を用いているような産婦人科もありますから、単に鍼灸と言っても、その治療の応用範囲というものはかなり幅が広くなっています。

この鍼灸治療をすることによって暖まった血液というのが、全身の患部であったり、症状というものを治療していくために、全身で積極的に活躍してくれるのです。そして、その時には、私たちの脳からはさまざまな痛みを抑制してくれる物質を出してくれるので、これによって痛みを緩和してくれるようになります。

そして、それによって関節リウマチなどといったような痛みを伴っている患者は、どんどんと関節の緊張がほぐれていき、全身がリラックスしてきます。

多くの人が、鍼灸というものは、痛いであるとか、もしくは熱いなどといったようなイメージをもっているのですが、実際に使われる鍼というのは、髪の毛と同じくらい細いので痛みを感じられないというようなことが多いです。また、お灸というものも、最近ではヤケドしてしまうほど熱したりしなくても、効果をしっかりと得ることができます。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved