リウマチ

リウマチの治療方法

関節リウマチ患者の運動

昔から、関節リウマチになってしまったら、とにかく安静にしていくことが大事であるというような考えがあり、またそう思っている方も多いのではないでしょうか。

ですが、実は、痛いからといって関節や、体をずっと動かさないままの状態でいると、そのまま関節を動かすことができなくなり、そして全身の筋肉までもやがて衰えていき、そしてそのままでは寝たきり生活を送らなくてはいけなくなります。

ですので、現在ではリウマチであっても、できる限りはしっかりと関節の可動域を広く保っていくようにして、そして筋力が低下していくことを防いでいくように運動療法というものがいいようです。

まず、関節を動かすために運動する場合には、少し我慢した状態でちょっと痛みを感じるというようなところまで、関節の曲げ伸ばしなどといったことをしてみましょう。これは、もし痛くないという範囲の中で行ったとしても、それでは結局、その関節の持っている可動域を、それよりも狭くしてしまっているというだけになるからです。

毎日、できれば朝と夕方というように、一日二回くらいは、このようにして腕であったり、足の関節をしっかりと動かしましょう。 そして、もちろんなのですが、翌日にまでその運動の疲れが残ってしまうくらいでは、少しやり過ぎであるといえます。運動をした後に、一時間くらいは安静にしていれば痛みが徐々に軽くなるかな、 というようなくらいのものが適度な運動量ではないでしょうか。こうして運動によって少しくらいは負荷をかけていかないと、私たちの骨というのはカルシウムが骨から抜けてしまい、非常にもろくなってしまいます。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved