リウマチ

リウマチの治療方法

基礎療法とは

慢性になってしまった関節リウマチを治療していくような方法としては、大きく分けると、まずは基礎療法、そして薬物療法やリハビリテーション療法、または手術療法という四つになります。

これらの四つの治療法の中でも、基礎療法というものが治療の土台となってきます。基礎治療とは、患者さんが日頃の生活がいったいどのように送っていくべきかというような、非常に基本となってくる療法のことです。

これにはまず、自分自身の病気がどういったものかを、しっかり正しく理解していくことが必要となってきます。慢性関節リウマチというものは、患者それぞれによって、その症状というものも病気の進行というものも違います。自分自身のリウマチの症状がいったいどのようなものであるかということをしっかりと把握し、それに対応してどんな生活を送っていけば良いかということを知っていくことが大事になってきます。

そして、リウマチの中には、だるいもしくは、疲れやすいなどといったような全身に現れる症状がありますから、しっかりと周囲に理解してもうことも必要です。

そして、基礎両方としては、まず適度な運動をして、そして安静をしっかりと心がけましょう。慢性の関節リウマチというものは、関節が痛くなるからとまったく動かないで過ごすと関節が固まってしまい、それによってまた、日常生活に支障が出るということがありますから、適度な運動を毎日行っていくことが必要です。また、できれば冷えであったり、湿度に対してもしっかり気を付けていきましょう。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved