リウマチ

リウマチの治療方法

血液検査

関節リウマチをどのようにして診断していくかというと、診断基準というものをチェックしていく他に、触診であったり、エックス線検査や、または血液検査、そして尿検査や関節液検査といったものが実施されます。このような検査から、その人の体内におけるいろいろな変化であったり、薬の副作用、そして似通った病気とのしっかりとした区別などといったことを行います。

その中でも、この血液検査というものについて、ポイントとなるものには次のものがあります。まずは、赤沈です。体の代謝異常であったり、組織の炎症というものがあるような場合、血中の赤血球が沈降していくスピードが速くなります。

次にCRPですが、こちらは体内に炎症などが起こってしまっていると、血液中にこのとき特殊なタンパク質が存在します。膠原病であったり、感染症などというものでも陽性反応が出てきます。

そして、白血球数ですが、薬の副作用によっては減少してしまっていたり、もしくは他の感染症であったり、悪性の関節リウマチであるような場合は増加していたりします。または、赤血球数も見ていきますが、これは病気が進行していくことにより、もしも貧血になっているような場合は、この数値は大きく減少してしまいます。 そして、血色素というものですが、これは非ステロイド抗炎症剤からくる副作用であったり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などといったものによって出血してしまっていると、この数値が下がってきます。

これらのポイントをしっかりと参考にしていって、検査結果をしっかりと理解していくことで、病状がいったいどんなものかということを知ることができます。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved