リウマチ

リウマチの治療方法

手術療法の種類と注意点

一般的に多くの場合、薬物療法であったり、リハビリによっては病気の症状の改善はとても難しいとされている、関節リウマチなのですが、手術をすることによって生活の質を向上させることが期待できるというように、判断されたような場合に限って、手術によっての治療を行うということになります。

まず、関節リウマチを手術によって治療していくには大きく分けて二つあります。まずは、一つには関節破壊というものが起きてしまう前に、その炎症している部分を取り除いていくという方法です。そして、もう一つのものは、もう既に破壊してしまっているような関節に対して手術をしていくという方法です。

まず、一つ目の方法では、その炎症が起きてしまっている滑膜というものを、手術によって切り取ることによって、リウマチの症状の進行を抑えていこうというような、滑膜切除術というものになります。これは、多くの場合が手の指であったり、手首や肘、そして肩などといったような関節部分に対して行われるような手術です。

そして、二つ目の方法では、すでに破壊されているような関節をしっかりと固定していく、関節固定術というものと、もしくは人工的に代わりの関節を作っていこうという、人工関節置換術というものになります。

この人工関節置換術というものは、すでに破壊されてしまっている箇所の関節にある骨を、手術によって切り取り、そこに人工関節というものを固定していき、それによって関節が今までのように動かせるようになるというようなことが目的となります。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved