リウマチ

リウマチの治療方法

装具療法

関節リウマチの治療の中でもリハビリとして、装具療法と呼ばれるものがあります。この装具というものの特徴としては、関節をしっかりと安静にしていき炎症を鎮めていくこと、そして関節が変形していくことを予防していくこと、または関節に対しての負担をかけないように、軽減していくことなどというものが挙げられます。ですから、装具を装着していくこと自体がその治療となっていくのです。

また、個人差が非常に大きいことで知られる、この関節リウマチによって起こる関節変形ですから、画一的で同じような装具であれば患者全体に対しての対処というのが非常に難しくなってしまいます。

ですから、頑丈で固定していくことができるが、過度な変形に対しての矯正はしないこと、そして患者が自分自身で装着することができること、またできる限り軽いことと、そして装着感が心地よいなどということにしっかりと注意して、この装具が開発されています。

ですが、中には外見であったり、動きづらさなどといったことを気にしてしまって、この装具を勝手に自分で外してしまう、というような人も最近ではいるようです。しかしそうなってしまうと、大切な関節に対して負担が大きくかかってしまいますから、炎症であったり、または関節の変形を進行をとめるということができません。

まずは治療を最優先にしていき、医師が着けたほうがいいというのであれば、しっかりと装着していくようにしましょう。特に最近では、軽量でありながら小型化していくというような開発も進められていますから、どんどんと改良されていくでしょう。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved