リウマチ

リウマチの治療方法

白血球除去療法

関節リウマチというものは全身のさまざまな関節に対して炎症などというものが起こり、そしてそのままでは関節の骨というものが破壊されたり、もしくは変形してしまうことで、平和な日常生活を脅かすというような病気なのです。

しかし、この症状というのはかかってしまった人でなければ分からない辛い痛みであったり、苦しみというようなものなのですが、これを改善していくような、薬もどんどん開発が進んでいます。

ですが、そのような薬というのは使用していくうちに徐々に効果が弱まることもありますし、薬の副作用によっては、いつしか使えなくなってしまったりしていくというような場合もあります。

そして、そのような時であっても有効であるといわれているのが、この白血球除去療法と呼ばれるものです。では、この治療法は実際にいったいどのくらい、リウマチに対して効果が出るようなものなのでしょうか。白血球というものはもともとは異物を除去していくという役割を持っています。しかし、これが関節リウマチである場合には、何らかの理由によって、白血球というものが関節の滑膜というものを攻撃していき、それによって炎症を起こしてしまいます。

この、白血球除去療法というものは、病気の症状を進行させてしまう白血球を取り除いていくことによって、大きく病状を改善させていくという方法なのです。この方法であれば、いままで生物学的製剤が使えなかったというような人であっても、生物学的製剤というものがのちに使えるようになってくるというような場合もあります。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved