リウマチ

リウマチの原因

リウマチと遺伝

自分の母親がリウマチ疾患であるから、もしかしたら自分にも遺伝してしまうかもしれないなどと、自分の家系にリウマチ患者がいるというような人は、非常に不安になりますよね。

例え、もしもそうではないような場合だとしても、日本全国で約七十万人以上はこの患者が存在するという病気ですから、そうでなくても自分自信が関節リウマチになってしまうことは、もしかしたら仕方のないことかもしれません。

関節リウマチになってしまう原因の一つには、免疫異常というものがあります。関節リウマチになってしまった患者には、タンパク質によって作られたHLAなどというような遺伝子を持っている人というのが、これが健康である人に比較してみると多くなっているとのことです。

実際にみてみると、まったく同じ遺伝子を持っている一卵性の双生児である場合には二人ともが同じように関節リウマチになってしまうという確率を出していくと、異なっている遺伝子を持っているような二卵性の双生児と比べてみて高いということが、調べによって分かっています。さらに、関節リウマチ患者になってしまう人が多いというような家系も確かに存在します。

ですので、関節リウマチになってしまうかどうかに対しては、遺伝因子が大きく関係してしまっているということはわかります。しかし、ウィルス感染であったり、ストレスや出産などといったように、さまざまな環境因子が大きく関係することで発病していきますので、この遺伝によるものが発病に対しての決定的な原因であるとはいえません。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved