リウマチ

リウマチの原因

膠原病とは

小さな細胞というものが、数多く集まっているのが私たち人の体なのです。この細胞をつなぎあわせてくれるような役割を持っている膠(にかわ)というものは、コラーゲンというもののことで、これはタンパク質の一種なのです。

膠というものは、皮膚であったり、筋肉や骨、そして軟骨や靭帯などといったようにほぼ全身どこにでもあり、その全身にある皮膚であったり、筋肉や関節、そして血管などという部分が侵されていくような病気のことを、この膠に大きな原因がある病ということで、膠原病(こうげんびょう)と総称します。

慢性関節リウマチであったり、または全身性エリテマトーデスや強皮症、もしくは多発性筋炎や皮膚筋炎、そして多発動脈炎であったり、リウマチ熱やシェーグレン症候群、そして混合性結合織病などといったものがこの膠原病には含まれます。

突然で原因不明であるような発熱であったり、湿疹そして関節痛などといったものが共通の症状としてあらわれてきます。これが、膠原病の代表的な症状といえます。このような症状が出てしまったら、まずは膠原病である場合の特徴的な徴候をしっかりと見ていくために、ほとんどの場合で全身の診察というものが行われます。

この膠原病にある特徴的であるような徴候というのは、まずは毛が抜ける、もしくは口内炎がたくさんできる、または眼や口の中といったところがすぐ乾く、もしくは手指が痺れてくる、そして爪が変形したり、冷たくした水などに手や足などをつけた際に、その手足の指先が白くなり、そしてしびれがでてきてしまう、などというものが挙げられます。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved