リウマチ

リウマチの原因

リウマチ熱とリウマチの違い

リウマチというものは多くが、関節リウマチのことをあらわしていて、リウマチ熱というものとは全然違ったものなのです。

リウマチ熱というものは関節であったり、心臓に対して非常に起こりやすいような炎症なのですが、これは連鎖球菌というものによる喉の感染症などと一緒に合併して引き起こされますから、多くが合併症というような形によって起こってきますが、これは感染症とは呼ばず、感染症に対して起こる炎症反応であるというものです。

この発症年齢というのは五歳から十五歳までの子どもであるような場合が特に多く、男女による差はまったくありません。連鎖球菌感染によって起こる喉の炎症というものは治まってから、また二週間から三週間後になって症状が出てくるというようになります。最初の段階では、多くが関節痛と発熱というものから始まっていきます。

そして急に、一つから、もしくは複数の全身の関節が痛んできて、そこを触っても激しく痛んできます。感染症に対しての治療では抗生物質などによって行う治療がそのほとんどになり、心臓であったり、関節に起こる炎症に対しては多くが抗炎症薬であったり、鎮痛剤が使われます。

リウマチ熱に一度かかってしまったことがあるような子どもは、その後、喉に対しての連鎖球菌感染にかかってしまうと、再度リウマチ熱になってしまう場合もあります。リウマチ熱をしっかり予防していくには、連鎖球菌によって起こる喉の感染症をしっかりと治していくことが先決なのです。すぐに抗生物質などといったものを用いて、きちんと完治させましょう。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved