リウマチ

リウマチの基礎知識

リウマチは女性に多い

関節リウマチの患者うちのなんと、約八十パーセント以上が、女性なんです。全国すべてで約七十万人はいるのではないかと言われているリウマチ患者のうちの八十パーセントということになってくると、どうしても女性にとってはとっても不安に感じてしまうような数値であるといえますよね。

ではどうしてこれほどまでに、女性に患者が多いような病気となってしまっているのかが気になってしまいますよね。

実をいうと、この関節リウマチだけに限らず、他にいえば膠原病などといったものを代表としている、全身性エリテマトーデスといったようなものなど、自己免疫疾患というものが、男性と比較しても女性の方が非常に多いからということなのです。

そしてその理由としては、女性ホルモンであったり、妊娠、そして出産などに関係するのではないかといわれています。この女性ホルモンというものには、乳腺刺激ホルモンである、プロラクチンというものであったり、もしくは卵胞ホルモンであるようなエストロゲンなどといったような、自己免疫反応というものを高めていくようなものがあります。

そして、妊娠であったり、出産などをスムーズに行っていかなくてはなりませんから、免疫機構というものが男性よりも非常に複雑なものになってしまっているのです。たとえばどのようなことかというと、妊娠したときにお腹の中の胎児を、異物であるというように見てしまってはいけませんので、ステロイドホルモンというものが増えていき、免疫力を少し抑制していきます。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved