リウマチ

リウマチの基礎知識

関節リウマチ

みなさんは風邪を引いた時であったり、熱があるといったときなどに、体の節々がなんだか痛むというようなことはありませんか。こういったように、日々の生活では関節の痛みというものは、あまり珍しくはないのですが、関節が痛んでくると、やはり関節リウマチというような病気が気になってしまいます。

関節リウマチというものは、手指などといったような比較的小さな関節の部分から、すこしずつ異変を感じてくるということになります。初めの段階では、そのまま動いたりしなければ、激しい痛みなどというものを感じたりすることはないということですが、たとえば重い物を持ったり、もしくは関節を大きく動かしたり、もしくはねじったりしてしまうと、激しい痛みを感じてしまうということがあります。

また、押したり、もしくは圧迫したりした時に、感じてしまう痛みを、圧痛と呼びますが、こほかには熱感を生じてしまうというようなこともあります。

初期段階での症状というものは、痛みというものよりも、はれであったり、朝のこわばりといったものが目立ってきます。そして、その症状というものは、左右両方の体の関節に対して、左右対称に症状がでます。

そして、なぜ朝になったときに関節がこわばってしまうのかというと、これは人間が眠っている間のうちに、炎症を起こしている場所から体液がどんどんたまってしまって、それによって関節などがむくんでしまうからなのだそうです。関節リウマチの症状は常に継続するというわけではなく、日々良くなったり、悪くなったりということもあり、徐々に進行するものです。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved