リウマチ

リウマチの基礎知識

関節リウマチと妊娠

関節リウマチというものは、三十代から五十代の女性に、特に多いということですから、妊娠であったり、出産というものへの影響を考えているというような人も多いようです。

ですが、この病気を発症していたとしても、しっかりと治療を受けており、そして医師の指示をきちんと守っていけるというような人であれば、リウマチが妊娠であったり、出産に与える影響はないといってもいいでしょう。

妊娠しても大丈夫という条件というのは、病状がしっかりと安定しており、なおかつ腎臓であったり、心臓などといったような内臓に対して、重大な病気などもなく、そして副作用があるような薬を、そのとき服用していないということであれば、大丈夫であるといわれています。もし、リウマチ患者で妊娠希望であるような方には、子どもの奇形といったような胎児に対する影響をしっかりと考え、このときはリウマトレックスであったり、イムラン等といったような抗リウマチ剤は使わないという場合が多いです。

また、免疫作用の働きが普段よりも抑制されるという妊娠中では、関節リウマチによっての症状はかなり緩和されるようです。

ですが、産後は当然ですが、また症状がまだ戻りますし、もしくは悪化してしまうということが多く、もしそうなってしまうと、せっかく産んだ赤ちゃんの世話をしていくのに大きな影響が出てしまいますから、家族であったり、周囲の協力というものが必要となってきます。ですので、出産後に行っていく治療についても、しっかりと医師と話し合って決めていきましょう。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved