リウマチ

リウマチの基礎知識

若年性関節リウマチとは

大人がかかる関節リウマチとは違い、また区別されているこの若年性関節リウマチというものには、さまざまな症状があります。特に、その患者さんが小児であるという場合に、大人がかかるような関節リウマチとはまったく異なるという点は次のようなものです。

まず、小児に対しては使用することができるような薬というものが限られていることから、症状の進行を抑制したり、治療するということが非常に難しいということです。また、若年性関節リウマチというものは全身に対しての多くの炎症が生じてしまうため、いろいろな成長障害といったものを引き起こしてしまいます。

たとえば、身長で見てみると、このリウマチの症状が続いてしまっているような期間が、多ければ多いほど標準の身長よりも低くなってしまいます。また、若年性関節リウマチであれば関節運動をすることがむずかしくなってしまいますから、これによって骨の成長においても大きな障害をもたらすということもあります。

このようにみてみると、成長過程であるような小児に対して慢性であるような病気が起こってしまうと、成長に対しても悪い影響を与えてしまうことになります。

小児期というのは、痛みを伴ってくるようなリハビリテーションに対しての協力は特に難しく、それによって運動療法というものが取り入れるのがむずかしくなります。ですから、日々の生活であったり、遊びの中などに運動療法を取り入れていくなどのように、楽しくしていくことができるような工夫をしていかなくてはなりません。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved