リウマチ

薬による治療

ステロイド薬

リウマチ治療に抗炎症作用と、そして免疫抑制作用という効果が強力であるようなステロイド薬を用いることによって、痛みをしっかりと抑えていくような効果を感じれます。

しかしこれは、大量に使ってしまう、もしくは長期に渡り、ずっと使い続けてしまうなど、というような使い方をしてしまうと、場合によっては副作用が生じてしまいます。しかも、その後急に使用をやめてしまうと、リバウンドといって、その症状をかえって悪化させてしまうというようなことにもつながってしまいます。

ですから、関節リウマチ患者の中であっても、血管炎であったり、胸膜炎などといったような重くて、そして全身に対しての症状がある場合に限って、このステロイド薬というものを使っていくことが多いようです。

ですが、最近では、治療に抗リウマチ薬を使って、その使い始めであったり、なかなか効果があらわれてこないような時には、その炎症を抑えていくことを目的に、このステロイド薬を少量だけですが、短い期間の間、使用していくこともあるのです。もしくは、医師との相談の上で、たとえば冠婚葬祭などといったような、一時的だけでも痛みを抑えていきたいような時に使用していくということもあります。

また、よく知られるこの副作用は、どうしても顔が少しだけ丸くむくむ、ムーンフェイスなどというように呼ばれる副作用があります。もしくは、それ以外には糖尿病であったり、高血圧、そして高脂血症や動脈硬化や血管炎、または骨粗しょう症であったり、白内障や緑内障、そしてステロイド潰瘍などといったような重い副作用もあります。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved