リウマチ

薬による治療

関節リウマチ治療に期待の新薬

リウマチという病気の症状を少しでも改善していくために使う、対症療法の薬には大きく分けて三つあり、これは抗炎症剤というものと抗リウマチ薬や、またはステロイド剤というものになります。関節リウマチに対しての薬物療法というものには、この三つのものをしっかりと上手に使うことによって治療していきます。

ですが、これらの薬によっては期待された効果が得られないというような患者が、非常に多いため、画期的で新しいような治療法というものを開発されないかと、みんなが期待していました。

そして、関節リウマチで炎症を促進させていく作用に対して深く関わりを持っているような、TNFαと呼ばれる分子群をターゲットとした、レミケードというような、非常に画期的な新しい薬が現れました。

しかし、これは誰であっても使用できるというようなものではないのです。まず、関節リウマチという診断を受けていることと、そしてリウマトレックス(メトトレキサート)などといったような、従来の抗リウマチ薬によってはその効果が不十分であったような人に対して、この薬の使用を検討していくことができます。そして、レミケードには実は、感染症などを悪化させてしまうだとか、もしくは感染症にかかりやすくなってしまうなどといったような副作用があるのです。

ですから、現在感染症にかかってしまっているという人であったり、今まで結核にかかってしまったことがあるというような人には、その元々の病気のほうをしっかりと治療してでないと使用できません。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved