リウマチ

薬による治療

抗リウマチ薬の種類

関節リウマチの薬というのは大きく分けると、抗リウマチ薬というものと非ステロイド抗炎症薬、そしてステロイド薬というような三つにがあります。そして、病気の発症と体の免疫に対して関係があるというようなことが、最近分かったので、いまでは関節リウマチというのは自己免疫疾患というものである、というように考えられています。

ですから、現在では、症状がまだ軽いような段階のうちから、体の免疫に対して働きかけていくことができる、この抗リウマチ薬というものが使われています。

この、抗リウマチ薬というものは、体の免疫に対しての働きかけにより、つらい関節の炎症をしっかりと抑えていくため、病気の症状が進行していくのを抑えていくことができます。しかし、痛みを取ったり、もしくは即効ですぐに炎症を抑えるなどということはできません。そして、この薬の効果というのは、服用してからおよそ二ヶ月から三ヶ月してからあらわれます。

検査によっての赤沈であったり、CRPというものの値によって効果がよく分かり、これによってリウマチの因子も多く改善されます。効果というのはだいたいが、ゆっくりとあらわれていくようなものなのですが、しかし、一度この効果が現れると、長い間ずっと持続してくれる働きを持っているのです。そして、その後関節リウマチによる炎症はあまり起きなくなります。この、関節炎症が一見して、治ったかのように見える状態を寛解といいます。

しかし、これは薬の組み合わせの効果ですから、まだまだ、関節炎というのが再発してしまったり、そのほか新たな発症に対して備えていく必要があります。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved