リウマチ

薬による治療

非ステロイド抗炎症薬

関節リウマチを治療していくときによく使われるような薬としては、この非ステロイド抗炎症薬というものがあります。この薬というのは炎症をしっかりと抑えてくれる効果と、解熱であったり、鎮痛や関節痛、そして筋肉痛などに対しても効きますから、その多くが、痛みを伴ってくるような病気を治療していくようなときに使われます。

薬を服用してからすぐ、一時間から二時間程度で効果があらわれ始め、これと合わせて炎症をしっかりと抑えていくような効果もみられます。

初期段階であるような関節リウマチ患者であったり、軽度であるような関節リウマチの患者に対して、このような非ステロイド抗炎症薬を使っていくことによって、薬だけによって炎症をしっかりと抑えることもできます。

しかし、これは一時的に炎症を抑えていくにはとてもいいものなのですが、その後炎症が進行してしまったり、もしくは広がったり、もしくは関節が破壊してしまったりしてしまうと、もうそれを阻止していくことはできません。

そして、非ステロイド抗炎症薬は、それによって胃潰瘍であったり、十二指腸潰瘍や腎臓機能障害などといったような、とても重い副作用までも引き起こしてしまうようなこともあります。そして、この副作用をできるだけ少なくしていくためには、この非ステロイド抗炎症薬を二剤併用する、もしくは一剤だけであっても長期間ずっと使い続けていったりということはあまり、よくないそうです。また他にも、無症状であっても副作用が出てしまっていることもありますから、しっかりと検査を病院で定期的に受けていきましょう。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved