リウマチ

リウマチの症状

関節リウマチと合併症

慢性で起こってしまっている関節リウマチというような病気は、症状としては全身の関節に対して炎症が起きてしまって、全身が痛みますから、非常につらい病気なのです。その症状から、そのままでは肺であったり、腎臓、そして胃や皮膚、また神経や貧血などといったような、内臓などのいろいろな部分に対して合併症を引き起こしてしまうこともあるのです。

では、どのような合併症があるのかをみてみましょう。まずは、皮下結節というものですが、これは痛みをともなったりしませんが、大豆粒の大きさであるような硬いシコリが、肘であったり、後頭部などといったような皮下部分にできてしまうような病気です。

次に、心膜症というものですが、心膜と呼ばれる心臓を包んでいる膜のような部分に対して炎症が生じてしまう病気のことです。また、胸膜炎というものは、胸膜と呼ばれる肺を包んでいる膜の部分に対して炎症が生じてしまう病気です。

ほかには肺線維症というものがありますが、これは間質というものが繊維化してしまって、硬くなることによって、肺での酸素の交換というものが不十分になるというような病気です。上強膜症というものは、結膜という部分が赤くなってしまっていて、充血してしまうという病気です。

梢神経炎というものは、手足に痺れという症状が多くあらわれるものです。シェーングレン症候群というものはなにかというと、涙腺であったり、唾液腺に対して炎症が引き起こされてしますことによって、涙であったり、唾液などといったものが出にくくなるというような病気です。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved