リウマチ

リウマチの症状

関節リウマチの自覚症状

患者自身が自分で体験していて、そして認めているような症状のことをよく自覚症状と呼びますが、これは病院で診断するときに大切な要素であると言うことができます。

関節リウマチ患者というのは、いったいどのような症状であったり、体験して、そして変化を感じているのでしょうか。ここではそこについて説明していきたいと思います。

まず、手の指ということでいうと、指先から数えて二番目にある関節の第二関節というところと、指先から数えて三番目にある関節の第三関節というところが腫れてしまいます。そしてこれこそが、この病気の症状の一番の特徴といえます。このような症状によって、たとえば、指輪が急に抜けなくなったり、もしくは入らないというようなことがあります。

または、物を握る、もしくは絞ったりということもしづらくなってしまい、物をすぐに落としやすくなってしまうということもあります。

また、足に出る症状では左右の足の裏であったり、足の指の付け根にある関節に対してこのような症状が出やすいようです。もしも朝、起床してからすぐに立ち上がって歩いた時などに、なんだかでこぼこな道を歩いているような違和感があったり、もしくは指の付け根にある関節が、少し腫れてしまっているために、それまでは普通に履いていたような靴が急に履けなくなったりというようなこともあります。また、正座であったり、長時間ずっと座っているなどということができなかったり、もしくは足のこわばりが原因になって、すぐにはなかなか立ち上がれない、などというような症状がある場合もあります。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved