リウマチ

リウマチの症状

関節リウマチの診断基準

関節リウマチに限らずとも、関節に激しい痛みを伴ってしまうような病気には、いろいろなものがあります。ですから、アメリカリウマチ学会というものによって、この関節リウマチであるかという診断をするための基準があります。

まず、起床時に全身に関節のこわばりがないかどうか。そして、三箇所以上のいろいろな関節に対して腫れなどという症状があるか。そして、手首であったり、手指の関節などに対して腫れがあるかどうか。関節に現れた腫れが、体の左右対称になっているかどうか。

手をエックス線で検査したときに異常があるか。または、皮下にシコリができているかどうか。そして、リウマトイド因子というものが陽性であるかというものです。これらのうち、その人の症状に対して四項目以上に関連があるようであれば、それを関節リウマチというように診断するということになっています。

最後の項目のリウマトイド因子が陽性であるかどうか、というものはなにかというと、血液検査によってリウマチ反応に対して陽性であるというように出た、というようなことです。ここで、リウマチ反応が出てしまった、というと非常に不安に思うというような人もいますが、実は健康な人であったり、関節リウマチではない病気の人であっても、これに対して陽性反応が出てしまうような場合があります。

逆に、本当は関節リウマチ患者であるような場合でも、その中で十パーセント程度の方はこれに陽性反応はでないというようなこともあります。ですから、このときリウマチ反応に陽性であると出たとしても、リウマチであるとは限りません。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved