リウマチ

リウマチの症状

若年性関節リウマチの症状

子どもが少しでも、骨が痛いなどと言うだけでも、すぐにこの子はもしかしたら小児リウマチなのではないかというような心配をしてしまう母親も最近ではいます。このように痛みをこちらが分かってあげることができませんので、親にとっては自分の子どもの病気であったり、怪我というものはとても気がかりになってしまいます。

この様な場合はまず、しっかりと子どもが痛いというように言っている部位をしっかり見つけましょう。もしも夜間に限って膝が痛いというような時は、それは成長痛というものが考えられます。

この成長痛というものは何かというと、骨がまだまだ成長途中であって、まだ固まっていないような状態であるため、夜になると膝が成長によって刺激されて、そこに痛みが出るというような病気なのです。

もし、小児リウマチなのであれば、夜だけではなく常に痛みというものは発生しますし、痛い部分というものも膝だけなどに限らず、手であったり、足などといったように全身の関節に対して、複数の痛みが生じるはずです。この、小児リウマチの中でも特に多いのは、若年性関節リウマチというものです。

この若年性関節リウマチというものは、十六歳になるまでの子どもに症状が出る様な関節リウマチをいいますが、これは大人の関節リウマチというものとわかりやすくするために分けられているような呼び方なのです。その症状と、または経過を見ていき、全身型のものであったり、もしくは多関節炎型といったもの、そして少関節炎型という三つに分けられます。

Copyright (C) リウマチの基礎知識 All Rights Reserved